2010年02月07日

「カンシャ」

先日NHK教育を見ていましたら、少し変わった番組がやっていました。

合間にちらっと見たので番組名はわからないのだけど・・・。

内容は、全身火傷を負った女性が見ず知らずの人と会って、自分の今の心境やどう乗り越えて(顔も皮膚移植されていて女性でなくてもさぞ回復までに御苦労なさったであろうと思われます)きたのか・・
という内容のものと、他の方は男性で教員をされていて子供も2人いる普通の家庭をもった人なのですが、自分は男性ではなく女性であったとカミングアウトをして、家族とともに一人の父として人として生きていることを学生に話す・・・
といった一風変わった(変わってはいないが)視点から、各々の「個性」に立ち向かうという番組がやっていました。

やけどを負った女性は中山さんとおっしゃるのですがとても印象的なことを話していました。

「最初、命は助かったけれども、こういう自分になったことを全て周りの人のせいにしてあたりちらしていました。」

「自分を受け入れられるようになったのは、周りの人たちのおかげだと気付いたのです。

今は、親や友人に感謝したいきもちでいっぱいです。」ハートたち(複数ハート)

「こうなってわかったことがたくさんある。今は、自分のこの顔の方が前の顔よりも好きです。」

自分自身を受け入れて行く、ということはどのような場合でも一番困難なことだと感じます。

できれば人は自分自身から逃げたい・・特に嫌なことは聞きたくもないし聞かなかったことにして蓋をしてしまいたい・・・

その度合いによっては精神的にも支障を来すこともあります。

私は人の強さはここにあるんじゃないか、と思っています。

今ある自分を受け入れられる人は本当の意味で強い人間だと思います。

中山さんがおっしゃったように、やはり感謝の気持ちが持てないと自分自身を受け入れて行くことにはつながらないのかもしれませんね!

先日、こんな悲しい場面に遭遇しました。もうやだ〜(悲しい顔)

ドーナツ屋さんで並んで待っていた時、前に2歳前後の男の子を抱っこしたお母さんがいました。

子供が少しわがままを言っていたのかな?

それもあまり気にならなかったのだけど。

そうしたら、突然子供を抱っこしていた手を放したのです。・・・どうなるか想像つきますよね?がく〜(落胆した顔)

床に放り出されて柱に頭を強く打ちました。

お母さんはしばらくして子どもを抱っこし、何事もなかったかのようにドーナツを注文しました。

私は次にドーナツを買う番だったのだけど・・・買いたくなくなってしまいました。

食べる気も失くして、ドーナツを見てもおいしそうに見えなくなってしまったのです。(ドーナツは大好物なんですけど・・・!)

その後、家に帰ってからもずっとそのことを考えていました。

私も全くいい母親ばかりではない。もちろん叱ってたたくこともある。
ストレスだってもちろんある。

我が子と言っても違う人間なのだからあって当然だし。

けれど、それとは違う。明らかに違う。そう思います。

「何でその人子ども産んだんだろうね。」娘がポツリと言いました。


子育てにも、社会にも本当にここまでフラストレーションを持って生きている人が多いのか・・・もうやだ〜(悲しい顔)

と落胆する気持ちと同時に、「感謝する」という気持ちが大きく欠落しているのだな・・とも感じました。

どんなストレスを世の中から受けようが、うまく思い通りにいかないことがあろうが、自分がまず在ることに感謝し自分自身をきちんと受け入れてあげれば、明らかに自分よりも弱い立場に対して暴力的な行為に至ることはないと思うのです。

「感謝」とは心から「ありがとう」といえる気持ち・・・そういう経験をしていない人も本当に多いのかもしれません。

それって、人ときちんと関わらないと出てこない言葉ですから。

なので、これを読んでいて一人でも「感謝しています」と言える人が思い浮かぶ人は、きちんと人としての関わりを持って日々生きていらっしゃるのだと思います(^−^)


最初のお話の中山さんは、本当にステキだと見ていて思いました。

胸を張って「今の顔が好きです」とおっしゃった時、まっすぐと相手の顔を見て目を見てまっすぐな言葉で伝えた。

その瞬間、中山さんの周りにはどれだけ素敵な方々でおおわれているのだろう・・と想像し、そんな中山さんがすごくうらやましいとも思いました。


私は職業として人と関わっていくものを選びました。

もしかしたら、どうしようもない自分を常に受け入れて行く訓練がしたくてこれを選んだのかもしれないなー。

ははは〜。わーい(嬉しい顔)

それでは皆様、今回も読んでいただきありがとうございました。
「感謝」でございます!

また次回(^−^)


posted by あや at 10:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。