2011年01月30日

大切なこと

近頃何か大切なことを忘れているな…ってずっと感じていたのだけれど。
今日はそれに気が付いた日だった。

今日は今年に入ってから初めてのオフ日☆
朝からその気分を(いや正確に言うと昨日の夜から…)存分に味っていた私は、ぼーっとTVを見てた。もちろん寝巻きのまま。
前日から、明日は何をして過ごそうかも♪───O(≧∇≦)O────♪それはそれは考えていたの。黒ハート
都内のオシャレ~なホテルでホスピタリズムいっぱいの雰囲気を存分に味ってランチでもしてくるか~!とか、なかなか会えない友人に会ってくるか~!とかさ。
いろいろと考えてたわけですけど。つまりの所こうして寝巻きのまま化粧もせずゴロゴロしていたわけであります。(。-_-。)ゴロゴロ…ゴロゴロ。もうやだ〜(悲しい顔)

そんな時飛び込んできたのが「安藤百福」さんでした。
百福さんは日清食品の創業者。チキンラーメンやカップヌードルを創った方。
驚いたのは、そういった商品を全て彼がアイデアを出し作り出していたということです。びっくりしました。彼の情熱の深さに感銘をうけました。
家族の方に言わせると、近くに寄ると火傷するくらい熱い方だったようです。
最後はスペースシャトルにカップヌードルを乗せて、宇宙食としての役割を果たされてこの世を去られたとのことでした。
百福さんの瞳は、常にキラキラと輝いており優しさに満ちているのが印象的でした。ぴかぴか(新しい)
ところが私………「情熱」。忘れていた。がく〜(落胆した顔)

毎日の業務に追われ、目先のことばかり考えていたのです。

少し前に初心を忘れない…とブログに書いたけれど、このネイル業界に入って一番に最初に感じたことはネイリストの社会的立場、存在、地位…ということだった。
ネイル学校を出てからサロンに勤めようと思った私は、いくつか採用試験を受けていた。
実際に採用も決まり、新しい店舗の店長として。
なんて話もあり、気張っていたいた矢先シフトが送られてきたら最初の約束とは全く違ったシフトとなっていた。
シングルで小さな子どもを抱えていたので、夜の勤務と日曜はお休みをいただくことを約束してあったのにそんなことは全く無視されていた。
それでは困ると思ったので、まだスタートしていなかったが直ぐに連絡を入れると「では、これはなかったことに」と簡単に切られた。
これはもう8~9年くらい前の話なので、まだまだネイルサロンもこれから出来てくるとき。
なので今とは現状も違います。
その時感じたのは「あ~…ネイリストの社会的地位がまだまだ低いのだな」ということでした。
まるで物のような扱い。
あれだけうまい話をしておいて、まるでゴミのように捨てられてしまう…。
すごい世界だなー。と痛感させられた場面でもあります。
社会は厳しい(-。-;注意:ただ単に世間知らずだったという話もある。\(//∇//)\

ネイリストの仕事は、思っていたよりも様々な能力が要求される仕事でした。
技術の高さはもちろんのこと、接客もお客様と1対1の世界です。
華やかなイメージとは裏腹に、多くのものを必要とする職業だと今でもそう感じています。
だからこそやりがいもある!年配の男性からは「爪にペンキを塗ってお金をもらっている」と言われることもありますが、心の中では「そんなに簡単な〜ことではないんだぜ〜〜〜!!」なんて言い返してやったり(ウソです)。
悔しい思いをしなくてすむように、社会に真っ直ぐに胸を張って自分の仕事に自信を持てるように、まず自分からなってみよう。
そう感じてやり始めたのでした。

9年ぶりに本当の意味で初心にかえった気がします。

安藤百福さん、ありがとうございます。

「情熱」は何かをしようとする時に、まず最初に必要な大義名分となるものかもしれない。

そんな熱いことを感じたオフ日でした☆☆☆
チャンちゃん⊂((・x・))


「オレニチカヅイタラ ヤケドスルゼ ☆彡」どんっ(衝撃)
posted by あや at 15:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

泣けるんです

相変わらずの朝の連ドラ好きで、今週も朝から泣いていました。(感動して!…です)もうやだ〜(悲しい顔)
結構笑われるんですけど、ベタなんですけれど、好きなんですよ。
それと今回のストーリーは「若い女の子がお好み焼きのお店を始める」と言うのもあるので、商売人として色々と初心を思い返しながら主人公と自分を重ねてみたりもしちゃったり・・。
勉強になることも多い(^−^)な〜んて、理由はつけながらも単純にフアンなんですけどね☆わーい(嬉しい顔)

好きと言えば、年末にクリント・イーストウッドを特集した雑誌を買いました。
彼の映画で何本か好きなものがある。
「ミリオンダラーベイビー」と「チェンジリング」。
特にミリオンダラーベイビーは涙が溢れて来て本当に大変だった。ふらふら
人間の孤独の究極と人間の持つ深い愛を、骨の中までしみこませるような感覚がする映画です。
彼は何ともう80歳!今でも現場をはしり続けている。今度の公開映画「ヒア アフター」も本当に楽しみだな〜!

人は一体いつまで生き生きと生きていけるのだろうか?
‘不老不死‘なんて昔からよくあるテーマだけど、やっぱり老いる自分を想像することはとても怖い。
けれど必ず誰にでも平等におとずれるもの・・・。
私は昔から、年を重ねるとどんな風に気持ちが変化するのかとても興味があった。
クリント・イーストウッドのインタビューにも「80歳を迎えて・…死ぬのが怖くなったりすることはありますか?」と記者が質問をしていました。
なんてこたえるのかな〜・・と思っていたら「生きるのが楽しめなくなる時が来たら、そのとき、諦めればいいんだ。」という答えでした。晴れ
老いは突然現れるものではない。
孤独も突然年齢とともにやってくるものでもない。
今、「現在の自分」の延長に老いが在る。
それは毎日の連続の先に存在するもの。
つまり、今現在を孤独に生きている人は将来も孤独に生きることになるかもしれない。
逆に今を楽しみ、不満も愚痴も言わないような生活をしている人は楽しい老後を送れる可能性の高い人と言うわけとなる。
そう思うと、今をまず楽しむことが本当に大切なのですよ!ということだろうか(^−^)

不満や愚痴を言わない生活を今から心がける・・・☆今を一生懸命に生きる・・・☆☆
小さい時から言われてきた単純なことだけど、生きるということはそういうことなのかもしれない!ハートたち(複数ハート)

ま〜そんなこともたまに考えたりもする。
連ドラをみながらねー☆わーい(嬉しい顔)

posted by あや at 22:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

あけましておめでとうございます!

2011年あけましておめでとうございますo(^▽^)o
さて今年もはりきって行きますよ〜!!グッド(上向き矢印)
皆様にとって楽しいことがいっぱいきらきらある一年になりますよう、オレンジブラッサムも全力で楽しい情報を発信していきたいと考えていますのでどうかよろしくお願いいたします♪( ´▽`)

今年まず飛び込んできた言葉が「人間の苦しみは物事に執着することから発生する」という釈尊の言葉でした。(新年早々おもいわね…!?)
こだわりやジ ンクスみたいなものも、いき過ぎると自分自身に自信がなくなる。
自分自身を強くするためのこだわりが、いつのまにか自分を殻に閉じ込め苦しめることになる。

昨年末、実は自分の周りに大変そうな人が(いや、大変そうになってた人が)結構いたことに驚いた。
しかし、そういう大変そうな人に限って人の話に耳を傾けない…(´・_・`)し、ものすごい厚いバリアも感じる。
困った。-_-b仕方ない、ほっておこう。……。
ここまでくるのにきっと既に傷ついて、人に話は聞いてもらいたいがもう心は飽和状態なんだろう。

もう少し、お気楽に生きていきましょうよ♪( ´▽`)( 私にだけは言われたくない?!)
どんなことがあっても大丈夫!
だってこうして生きているではありませんか‼

生きてるだけで丸もうけ!あっれ?どこかで聞いた?

本当だ!苦しむ前にまず苦しむことができる自分に、まず感謝です。
そう自分に言い聞かせた所でそろそろ今日はお開きに(^_−)−☆

今年はみんないい年になるよ〜!間違いない!!
そんな勝手な予感がするϵ( 'Θ' )϶

今年の目標!チョクチョクBlogアップする!ぴかぴか(新しい)

ではではまたね☆

posted by あや at 13:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。