2011年07月20日

人は気持ちで生きている

以前にご紹介したこともある「612食べ物教室」の食べるだけ教室に行ってきました。わーい(嬉しい顔)
今回は震災後の疲労した体に、たっぷりと喜びを与えよう!という企画です☆
普段はお料理教室なのですが、この日はレストランのように先生(たなかれいこさん)や助手の方々が作って下さった料理をただ頂くのみ!とても幸せな企画です。

<メニュー>
長いものすり流しじゅん菜添え
大分地だこのマリネ
京菜・カブの葉とひねごぼうのおひたし
根曲がり竹の焼き物
ビーフンピーナッツだれ
新玉ねぎの白みそサラダ
かぶとチンゲン菜とエビの炒め物くず寄せ
寒越しじゃがいも・さつまいもの揚げ物
ツタンカーメンの豆ごはん
みそ汁
香の物
ぜんざい

*根曲がり竹はただ、そのまま皮つきで焼いただけ。
お塩で頂くのですが、それはもう美味☆とても甘くておいしかった。グッド(上向き矢印)
「寒越しじゃがいも」とは・・・?と思っていたら、少し生成りで一回り程小さくなったじゃがいもが、これもまた素揚げしてあるのみの一品。
味が濃くてねっとりしていてもおいしい!石焼き芋の当たりのイモに出会ったような美味しさ!「これはなんですか?」と聞くと、冷蔵庫にそのまま1年間寝かしておいたお芋さんだそうだ。
栄養がギュッと濃縮されるそうな。(^−^)*

これらの料理にお砂糖は使われていません。
けれどそれに気づかないほど、満足感は得られます。そしてなぜか、あま〜い!!とつぶやいてしまう瞬間も。
素材の甘さに舌が気付くんです!
まるでマジックにかかったように!

半年ぶりくらいにお教室に顔を出した私。
開口一番たなかれいこさんに「あら??むくんでいるわね!甘いものを控えてみて!」と言われました・・・。ショック!もうやだ〜(悲しい顔)
図星、疲れがピークでした・・・。
震災後、被災地の方はもちろんのことこの関東でもがむしゃらに頑張ってきた方は多いのだろうな、と思います。
サラリーマンの人もOLさんも、自営の人も、主婦の方も、妊婦さんも、こどももおとなも・・・本当にそれぞれが色んな所でがんばって、がんばって、がんばってきた。
日本人ってガンバリ屋さんだな〜って改めて思う。(感心しているばやいではないが)
けれどもまだまだ不安や心配は山積みで、私たちの心(つまり体)は休まる兆しもない。
疲れてる人、きっと、いっぱいだと思う。
心も体も、精神も肉体も、きっと、ボロボロの人たくさんだと思う。
人は気持ち(心)で生きています。黒ハート
なのである意味どんな状況であろうとも、気持ちさえぐらつかなければ元気でいられる・・・。
わかってはいるものの、毎日毎日笑っちゃうくらいにたくさんのことに気持ちは揺れる。
寝不足や不規則な食習慣はその「気持ち」に一番に作用すると思う。(ベタですけど!)
こんな時こそきちんとしたものを食べる。
体が喜ぶことをしてあげる。
明日出来ることを今しないで、しっかりと休む。
自分が体にしていることは、自分自身が一番よく知っているから。(これが気持ちと体が繋がるということなのでしょうね・・・!)
恥ずかしながら、私も毎日自分の心(気持ち)と格闘しています。
大人になったらもっとちゃんと出来る(何が?)ものだと思っていた。
こどもでも大人でもこの「気持ち」ってやつには常に宿題が出る。
宿題は苦手だったけれど、逃げることの出来ないこの自分への宿題をきちんとやれるように、今日もきちんとしたものを食べて早く寝ますか〜(^−^)!


PS:なかなか更新できず待って頂いた方(上尾のSさん・・!)ごめんなさい!ふらふら
なかなか納得できず、書いては消しての繰り返しでUP出来ずにいました。
今回の震災は本当に多くのことを投げかけているのだと思います。
多くの人が、様々な苦悩を抱え滞っている。
またその逆に、これをきっかけに新たな何かを生み出す人たちもいる。
orange blossomはまだまだ模索中ですが、一つ言えることは「ネイルを出来ることは本当に幸せな世の中です!」と言うことです。ハートたち(複数ハート)
ここ(orange blossom)が来て下さる方全ての心の癒しの場所となったらいい・・。
そう夢を持ち続けて、これからも一つずつ進んでいこうかと思います。
皆さんも一緒にがんばっていきまそうね。晴れ


posted by あや at 00:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。